高い税金・社会保険料の負担で頭の痛い、中小企業の社長のお金の残し方・守り方

アベノミクスで法人税が減税、個人への課税が強化される時代には、
中小企業は「個人」と「法人」をトータルに考えることが必要です。

銀行・税理士は教えてくれない
新しい時代の手取り収入を増やす着眼点

 完全無料地域限定サービスを実施中<東京・神奈川>無料診断はここから

中小企業で働く社長・従業員様へ
あなたの財布には 「穴」が開いていませんか?

平均的なサラリーマン世帯であっても、一生涯で、

税金・社会保険料や銀行、保険会社などに支払っている、

お金が1億円以上

そのたった1%を削減できれば、100万円
10%削減できれば、1000万円20%削減できれば、2000万円

お金に関して、総合的な知識があれば・・・

削減するのも、そんなに難しい話ではありません。

給料の半分は、国へ税金・社会保険料
金融機関へ、住宅ローン、生命保険、
その他の金融商品に1億円以上

社会保険料の負担増、
消費税の増税などで、
家計は火の車
もしあなたが、中小企業の経営者であれば、

通常、社長の「手取り」を増やすには役員報酬を上げるしかありません。しかし、報酬を上げれば、そこには「税金」と「社会保険料」の高額な負担が待っています。国は個人課税を強化して、今後ますます「稼いでもお金が残らない・・・」という状況が続きます。

例えば、役員報酬1,500万円の手取りは約1,038万円になります。つまり、約462万円は「税金」と「社会保険料」で消えるということです。さらに、ここに、会社負担分の社会保険料もプラスされます。オーナー社長にとっては「会社のサイフ」と「社長のサイフ」は表裏一体だからです。その分が約150万円。そう考えると、役員報酬1,500万円には実に「約612万円」ものコストがかかっていることになるわけです。

中小企業の社長は「法人」「個人」が表裏一体です。

この実態を賢く活用すれば、「税金」と「社会保険料」のコスト負担を最小限に抑えて、会社から社長に合法的に資金移転を図れる仕組みを作れます。

中小企業の社長の手取りを増やすには、
役員報酬を上げる必要があります
ところが、

所得税・住民税に加えて、社会保険料の負担も増えて、
手取り(可処分所得)は半分程度しか増えません

「個人」「法人」のどちらにお金を残すべきか?

社長は「個人」と「法人」の2つの財布を持っています
個人」と「法人」のどちらにお金を残すのが有利なのか?

1つ目は、役員報酬として受け取る「社長個人の財布」。
2つ目は、会社に利益を残す「会社の財布」 の2つになります。
 1つ目の役員報酬は、所得税・住民税・社会保険料が引かれ残りが手取り(可処分所得)です。2つ目の会社に利益を残す場合は、法人税が引かれ残りが法人の銀行口座に残ります。言い方を換えれば、所得税・住民税・社会保険料とは、「社長個人の財布」にお金を残す為のコスト法人税とは、「法人の財布」にお金を残す為のコスト といえます。  
では、個人と法人のどちらの「財布」にお金を残すのが有利になるのか?
他に、もっと効率的な方法はないのか? 中小企業の社長のこんな悩みにお答えしています。

簿記やMBA(経営学修士)を学ぶ前に「社長個人」と「会社」のお金の流れの全体像を知って下さい。

中小企業では、「個人」と「法人」をトータルで考える

「個人」の手取りを増やす対策、相続対策、「法人」の節税対策、自社株の対策などは相互に関連し合っています。例えば、中小企業でよくあるケースでは、会社の法人税を節税するために、社長個人の役員報酬を上げます。すると、所得税・住民税・社会保険料の負担がそれ以上に増えて、逆効果になることがあります。どれか一つに偏った対策では最大の効果を望めません経営にはバランスが重要になります。会社の状況、規模、社歴、そして社長の考え方によって、対策の方法は異なります。

 また、この場合の「個人」とは、社長1人だけのことではなく、後継者、奥様、子どもなども含めたファミリー全体で考えると、より効果的な対策が可能になります。

 

稼いだお金

年度が変わると課税)

貯めたお金

所有者が変わる課税)

法人

法人税

 ①会社の利益に対して

自社株の対策

 ③法人利益の蓄積の結果

個人

所得税、住民税、

社会保険料

 ②個人の収入に対して

相続税贈与税

④自社株・不動産など、

個人の資産が多い

今後、増税の流れ・・・所得税、住民税、社会保険料、相続税

今後、減税の流れ・・・法人税、贈与税

税金・社会保険料の仕組みは誰にでも公平に出来ている訳ではありません
知っている人だけが
をして、知らない人はをする仕組みになっています。

手取り(可処分所得)が減少する時代に、
いかに、キャッシュ(現金)を減らさない仕組みを作るか

それには、今までの常識とは違う視点が必要です。
そんな
15の具体策がまとめてあります。

市販の本では手に入らない特別なレポートを無料プレゼント!
社長の手取りを増やす15の具体策

下記にメールアドレスをご記入の上、「無料でダウンロード」をクリックしてください。

すぐに、ダウンロード先のアドレスが、指定のメールに自動返信されます。

今すぐ、無料でダウンロードできます。

メールアドレス

社長の手取りを増やす15の具体策とは?

市販の本では入手しにくい中小企業の社長の手取り(可処分所得)を増やす具体策をまとめた特別な無料レポートです。

  1. 「○○」を変えて社長の手取りを最大化する
  2. 規定」を作って社長の手取りを最大化する
  3. 住まい」で社長の手取りを最大化する(1)
  4. 住まい」で社長の手取りを最大化する(2)
  5. 借金」を整理して社長の手取りを最大化する(1)
  6. 借金」を整理して社長の手取りを最大化する(2)
  7. 「○○」で社長の手取りを最大化する(1)

  8. 「○○」で社長の手取りを最大化する(2)

  9. 「○○」を変えて社長の手取りを最大化する
  10. 控除枠」を最大利用して社長の手取りを最大化する
  11. 「○○」に着目して社長の手取りを最大化する
  12. 債務保証」で社長の手取りを最大化する
  13. 報酬」に該当しないもので社長の手取りを最大化する

  14. 事業」を仕訳して社長の手取りを最大化する
  15. 「○○」を変更して社長の手取りを最大化する

まずは、役員報酬以外の名目で、会社から個人へ資金移転して、社長の手取り(可処分所得)を最大化させることです。

社長の手取りを増やす具体策
「個人」と「法人」を使い分けて手取りをUPする

非課税で、別に日当〇万円を支給できる「旅費規定」

賃貸家賃の10分の1でも住める「借上げ社宅」

・個人の負担「0円」で、一生涯の保障を手に入れる方法

 ⇩詳しい内容を説明しています。動画をご覧ください動画5分50秒)

「節税」「脱税」「租税回避」の違いは?

「年収を変えずに」社会保険料を安くする方法

「個人」で「法人」で年間60万円のコストダウンが可能

社会保険料の負担が、中小企業の経営を圧迫している現実があります。社会保険料の負担増は、中小企業にとって、重要な経営問題と言えます。何か良い対策をして社会保険料を削減できる方法はないのか?

少子高齢化の進む日本では、今後もさらに社会保険料の負担が上昇し、会社経営はもちろん社員の手取り額の減少にまできな影響を与えるのが確実視されています。

     詳しい内容を説明しています。動画をご覧ください動画2分05秒)

社会保険料は「年収」ではなく「標準報酬」という特別な計算方法で決まります。だから「年収が同じでも」社会保険料は全く違う訳です。

日本の中小企業の経営者は、
高い税金・社会保険料の負担と、
社長個人の重い責任を負っています。

<銀行・税理士は教えてくれない>
経営者のこんな
悩みにお答えしています。

  • 税金・社会保険料の負担で頭が痛い
  • 働いている割には、お金が残らない
  • 決算書などの意味がよく分からない
  • 資金繰りに悩まずに、本業に専念したい
  • さらに事業を成長発展させたい
  • 銀行がお金を貸したくなる会社にしたい
  • 従業員の雇用の安定を図りたい
  • 社長個人が会社の借入金の連帯保証人になっている
  • 後継者に事業承継させたい、個人では相続が心配

中小企業の経営者が、資金繰りの悩みから解放され、本業に専念できる仕組み作りをサポートしています。

  • 社長の手取り(可処分所得)を最大化する仕組み
  • 高い税率から、低い税率の区分へ変更する仕組み
  • 中小企業の資金繰りを改善する仕組み
  • 社長が、課税を受ける時期をコントロールできる仕組み
  • 社長の手取り(可処分所得)を最大化する仕組み

法人税の節税の目的で、必要以上に役員報酬を上げても、その一方で社長個人の所得税率を上げてしまう結果になります。税金に加えて、社会保険料の負担で、結局は手取りは半分程度しか増えません。そこでまずは、役員報酬を決める前に、「旅費規定」「借り上げ社宅」など国が認めている制度をフル活用して、非課税で、法人から個人への資金移転できる仕組みを作ります。

サービス提供前

多くの中小企業の経営者は、高い税金・社会保険料に苦しめられます。役員報酬を増やしても、手取りはその半分程度しか増えません。

サービス提供後

「旅費規定」「借り上げ社宅」など、国が認めている優遇制度を活用して、役員報酬以外の名目で、法人から個人へ資金移転を図ります。

手取り(可処分所得)が減少する時代に、
いかに、キャッシュ(現金)を減らさない仕組みを作るか

  • 高い税率から、低い税率の区分へ変更する仕組み

さらに高い所得税から、低い税率の区分の退職所得や一時所得へ。高い税率から低い税率の区分に変更する仕組みを作ることで有利にお金を残せます。退職金、一時所得には、社会保険料の負担もありません。老後の貯蓄目的で、個人で銀行積立をしていたなんて話はよくあります。実は、それはすごく非効率なお金の貯め方です。

社長の手取りを増やす前に、

生涯収支を増やすという考え方もあります。

役員報酬を後払いにして,「優遇された税制」を活用する

    詳しい内容を説明しています。動画をご覧ください動画12分06秒)

  • 中小企業の資金繰りを改善する仕組み

会社を安定させる方法は「利益」を上げて「キャッシュ」を残すことです。売上げよりも、売上げ< 利益 < キャッシュを重視する時代だと言えます。

 利益の全てが、現金(キャッシュ)で会社の銀行口座に残る訳ではありません。利益から法人税が引かれて、銀行からの借金があればその返済へ、将来への投資なども引かれて、その残りが、現金(キャッシュ)で会社の銀行口座に残ります。現金(キャッシュ)ではそれ程、多くは残らないものです。

 この点を理解しておかないと「勘定合って、銭足らず」利益は出ているはずなのに、現金(キャッシュ)が足りない、黒字倒産なんてことも起きる訳です。中小企業がキャッシュフローを悪化させている原因としては、①在庫や売掛金、②銀行への借入金の返済、③減価償却の未計上、④過剰な設備投資、➄非効率な金融商品の購入、などがあります。

  • 社長が、課税を受ける時期をコントロールできる仕組み

会社経営は、山あり谷ありです。毎年、黒字になる保証などありません。しかしながら、国のルールでは、個人は1月〜12月、法人は各法人の事業年度で、必ず年に1回課税を受けます。一度、支払った税金は原則として戻りません。優秀な経営者であれば、リーマンショックなどの外的要因のリスクに備えて、課税を受ける時期を自分でコントロールできる仕組みを作ることに熱心です。

 あなたは、どちらの会社の経営者になりたいですか?

サービス提供前

水漏れをする水道管。

あなたは、これを、

1人で修理できますか?

ベテランの技術者であれば、水道管のどの部分から、水が漏れてどう防ぐかの方法を知っています。

サービス提供後

資金繰り、銀行融資、決算書

税金・社会保険料など、

一人で対策できますか?

法人」と「個人」が一体化している中小企業の社長には特別なお金の残し方・守り方があります。

例えば携帯電話の料金プランひとつ選ぶのも、よく分からない時代です。さらに複雑な税金・社会保険料、資金繰り、銀行融資、決算書など、忙しい中小企業の社長が本当に一人で適切な対策をできますか

中小企業の社長・役員には、
特別な
お金の残し方・守り方があります!!

着目すべきは、中小企業のオーナー経営者は、
個人」と「法人」が一体化しているところです。

中小企業の社長は、自由に意思決定できる、

その反面、重い責任を負っています。

社長の特権として、
社長の裁量で
 自由に決められる
社長の仕事=意思決定すること

中小企業の社長は、

特別なお金の残し方が可能

重い責任がある社長、
全体の強度は
一番弱い部分に
社長の仕事 =ハイリスク請負業

中小企業の社長には、

特別なお金の守り方が必要

「個人」と「法人」が一体化した考え方を持つことで、

はじめて最適なお金の残し方・守り方が可能になります。

「木を見て、森を見ず」
バラバラな情報
ノウハウ・テクニックだけ
=部分最適×

 

「木を見て、森も見る
組み合わせた知恵
ノウハウ・テクニックだけ
に頼らない=全体最適〇

社長の手取りを増やす5つの具体策
キャッシュフロー改善・銀行格付けアップ

完全無料地域限定サービスです。

なぜ、働いている割にはお金が残らないのか?
社長の手取りを増やす5つの具体策

税金・社会保険料の仕組みは誰にでも公平に出来ている訳ではありません。 

 毎月、会社から受け取る給与明細書を見てみると、本給、通勤手当、住宅手当、残業代などの支給額とは別に、所得税・住民税、厚生年金保険料、健康保険料、介護保険料など、税金や社会保険料が差し引かれています

「ずいぶん、引かれて手取りはこけだけか」「最近、社会保険料が高くなったな。」「でも、国の仕組みで、みんな同じだから仕方ないか?」きっと、あなたも一度はこんな風に思ったことがあるのではないでしょうか?

 例えば、給料が月額35万円の場合、会社が実際に支払っているのは給与35万円+会社負担の社会保険料5万円で合計40万程度。ところが、手取りは、給料の月額35万円から所得税・住民税・本人負担の社会保険料も引かれて、手取りは27万円程度に。税金と社会保険料で13万円が消えてしまいました

役員報酬という名目以外で法人から個人へ資金移転して手取りを増やす方法があります

=社長の手取り(可処分所得)を最大化する。

なぜ、利益は出ているのに、手元にお金がないのか?
⇒会社の資金繰り改善・銀行格付けアップ

経営者は銀行融資の仕組みを
知っておく必要があります。

=銀行がお金を貸したくなる決算書を作る

 中小企業は、銀行からの継続的な借り入れがあって、初めて有利なビジネス展開が可能になります。「思うように融資が受けられない」「急な返済を迫られた」なんてことがないように、常に資金調達力を高めておく必要があります。

銀行が融資をするかどうかを判断するのは、金融庁が定めた「金融検査マニュアル」によって、主に決算書で評価されます安定性、収益性、成長性、返済能力などを129点満点13項目で評価するのが、銀行の格付けになります。

主に、決算書によって評価される訳ですから、
経営者は最良の決算書をつくる必要があります。

ところが多くの中小企業はその最良の決算書を作るという意識が余りありません。
決算書の作り方は、誰が作るのか?どんな目的で作るのか?によって十人十色と言われています、もちろん銀行の評価は変わります。財務に関する知識があれば、より良い内容の決算書を作り、銀行の格付けを上げることができます

=資金繰りに悩まずに、本業に専念できる財務戦略を提供

あなたには、2つの選択肢があります。

一人で対策するのかあるいは専門家を活用して、
二人三脚で対策していく方法もあると思います。

もちろん、社長様が一から勉強して、

お一人で対策できることもあるでしょう。

どちらが、時間もお金も節約できるのか?

をお考えください

<サービスの内容は、>

  • 知らずに損している税金・社会保険料の負担を減らし社長の手取り(可処分所得)を最大化すること。
  • 中小企業の資金繰りを改善すること
  • 中小企業の銀行融資への対策です。

<他のサービスとの違いは?>

・無料相談であっても、銀行や税理士が教えない手取りを増やす具体的な対策、資金繰り改善・銀行格付けアップまでご提供しています。

・実際の中小企業の倒産の経験も踏まえて、財務的な観点から、経営者にとってテクニックやノウハウだけではカバーできない有益な情報を提供しています。

・最終的な目的は、経営者が資金繰りの悩みから解放され本業に専念できる仕組み作りをサポートすることです。

中小企業の社長専門のFPファイナンシャルプランナー 山本 功        プロフィールはこちらを

無料診断の費用は一切かかりません。
あなたにとってのリスクはありません。

完全無料地域限定サービス
相模原・町田・横浜・八王子・日本橋周辺

(*東京・神奈川県であれば応相談可能です)

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

無料診断のお問い合わせ(5分〜10分程度)

メール、または「事前診断のご確認シート」(FAX用紙)をご送信ください。

「事前診断のヒアリングシート」をご記入の上、ご送信ください。

まずは、「事前診断のヒアリングシート」をご提出ください。「あなたの会社の場合はどのようなメリットがあるのか?」をご報告させていただきます。その結果をもとに、ご検討ください。導入にあたっての初期費用は一切かかりません。報酬については実際に導入いただき、その効果を検証していただいた場合のみ発生いたします。それ以外の費用(事前診断の料金、資料作成費、交通費など)は何もかも完全無料です。

まずはメール、またはFAXでお問い合わせください。

メールでお問い合わせの場合はこちらをクイックしてください。

3日以内に、あなたの会社の状況に合わせた
事前の診断結果レポートをご報告します。

ご提出の「事前確認シート」を基に、3日以内に、あなたの会社の状況に合わせた、診断結果レポートを作成します。「御社の場合はどんな有効な対策ができるのか?」をご報告させていただきます。その結果をもとにご検討ください。

あなたの会社の状況に合わせた、
事前の診断結果レポート

 今日のような情報が多すぎる時代に闇雲に探しても、必要な情報を手に入れることはできません。そこで、ご提出の「事前確認シート」を基に、3日以内に、あなたの会社の状況に合わせた、診断結果レポートを作成します御社にとって、お役に立てる情報かどうか、ご検討ください。ホームページでは公開できない、さらに詳しい情報も提供していきます。

また対策を実行するには、「旅費規定」「借り上げ社宅規定」「役員弔慰金規定」「退職金規定」など各種の書類の整備が必要になります。必要であれば、次のステップ3のご訪問にて、詳細の説明の際に無料でお渡ししています。(東京・神奈川限定)

 

*事前診断の結果、「削減効果が期待できない」と分かれば、大変申し訳ないのですがお断りもさせて頂くこともあります。その場合、今回のご提案はなかったことにさせてください。あなたにとって「大きな効果が期待できる」場合に限り、ご提案させていただきます

ご希望で訪問にて、詳細の説明

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

手取りを最大化する仕組みを作る
新たなアイデアを発見!

さらに、詳しくご希望や現状をお聞かせいただくことで、中長期的かつ総合的な視点で、事前の診断結果レポートだけでは見えなかった問題点、さらに効果的な対策の方法が見えてきます。FP(ファイナンシャルプランナー)とは、「金融」「リスクと保険」「不動産」「税金」「相続・事業承継」「ライフプランニング(社会保障など)」の知識をフル活用して、相談者の目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く全体最適のコーディネーターです。

幅広い体系化された知識を提供

相談者の希望を考慮した上で、中長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイス行い併せてその実行を援助します。また、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産、銀行・証券会社などの各分野の専門家と協力して業務を行います。

全体最適の視点から問題解決

経営には、幅広い知識が必要になります。資金繰り、決算書、銀行融資、税金・社会保険料、など。部分的な問題解決、目先のメリットだけを追い求めても、本質的な問題解決にはなりません。社長がお一人で対策するのか?専門家を活用するのか?どちらが時間もお金も節約できるのか?をお考えください。

市販の本では手に入らない特別なレポートを無料プレゼント!
社長の手取りを増やす15の具体策

下記にメールアドレスをご記入の上、「無料でダウンロード」をクリックしてください。

すぐに、ダウンロード先のアドレスが、指定のメールに自動返信されます。

今すぐ、無料でダウンロードできます。

メールアドレス